花粉症の目の症状はペットにも出ることがあります

春は暖かく、一年の中でも気候が良い時期ですが、トラブルで悩む人も少なくありません。
特に春先は花粉が増えますので、花や目のつらい症状で悩んで入る人も多いのではないでしょうか。

一般的に花粉症と呼ばれる症状は鼻水、くしゃみ、さらに目のかゆみ、充血などがあり、時には皮膚にも症状が出ることもあります。
そして、最近は人間だけではなく、犬や猫も同じように花粉症の症状が出ることも増えています。

犬や猫などのペットが目の周りや口、鼻のあたりを気にしている、くしゃみ、目の赤味、鼻水などがある場合は花粉の影響を受けている可能性があります。
対策としてはできるだけ外に出さないことが大事です。今は犬や猫も完全室内飼いという家庭も増えていますが、やはり窓からも花粉は入ってきますので、ブラッシングやシャンプーで落としてあげたり、空気清浄機を活用するのも良いでしょう。

さらに掃除機などもこまめにかけてあげたいところです。
犬の場合は散歩がありますので、ずっと家に閉じ込めておくというわけにはいきませんが、花粉の少ない早朝を狙ったり、花粉をよけるためのウェアを着せてあげるなどの工夫でかなり軽減させてあげることもできます。
そして歩かせるときもできるだけ草むらなどは避けたいところです。

症状が強く出ている場合は治療が必要なこともありますので動物病院に相談することもおすすめです。
そして体質改善を行うことも大事です。免疫力を高めることはアレルギーの症状を出にくくしてくれますので、運動を取り入れたり、食事内容を見直してみることもおすすめです。
さらにストレスをかけないよう工夫してあげるのも良いですし、腸内環境を整えるサプリメントなども利用してみるのも良いでしょう。