花粉症の場合は落花生ともやしに気を付ける

花粉症は花粉が飛散する時期になると目のかゆみや鼻水、頭痛などの症状がでます。春の場合はスギやヒノキが、秋の場合はブタクサやヨモギといったものに反応しますが、花粉症になっている人の場合果物や野菜を食べた際にもアレルギーの症状が出ることがあります。
果物や野菜を食べてアレルギー反応がでることを口腔アレルギー症候群と呼びます。原因となる果物や野菜を食べると口の周りがかゆくなり、唇がはれてしまったり、口の中や喉の奥に違和感を感じたりといった症状が出ます。ひどい場合にはじんましんや吐き気、腹痛や下痢、喘息を引き起こすことがあり、さらにひどくなるとショック状態になり呼吸困難になることもあります。
しらかばやコナラの花粉症の場合は特に注意が必要で、約半数が口腔アレルギー症候群になっています。主にリンゴ、ナシ、サクランボといったバラ科の果物や、落花生、アーモンドといったナッツ類、野菜ではジャガイモやトマト、キウイがあげられ、中にはもやしに反応する人もいます。なお、ヨモギの花粉症の場合も落花生に反応するので注意します。
多くの人がなるスギやヒノキの花粉症の場合はトマトと、もやしに注意です。もやしはマメ科の野菜で、もやしを食べて違和感がある場合は豆乳にもアレルギーの反応が出ます。
口腔アレルギー症候群の場合は花粉症と同じ時期に合併して起き、触れることによってアレルギーとなりその後食べて症状が出るタイプと、花粉症とは関係ない時期に発症し食べることによってアレルギーになり症状が出るタイプがあります。もやしや落花生は食べることによってアレルギーになることが多いので、スギやヒノキ、しらかばにアレルギーがある場合は食べすぎないように気を付けます。